平戸建設

フェイスブック インスタグラム
フェイスブック インスタグラム 電話番号

新築住宅

平戸建設は地元で創業94年を迎えた大工の会社です。
お客様の要望を聞き入れ、これまでの現場の経験を踏まえて家づくりに取り組んでいます。
自社で設計し、施工まで行い、住みよい家づくりをしてきました。
近年では、高気密、高断熱住宅にも力を入れ快適な住空間にも配慮した住宅にも対応しています。

快適かつ省エネの換気システム sumika 澄家

快適かつ省エネの換気システム sumika 澄家

24時間換気で快適かつ省エネに

sumika 澄家は次世代の空調管理システムです。換気システムは壁や天井に設置されるものが多いのですが、澄家では床面に設置します。これは、ほこりや花粉が溜まりやすい床面に設置することで、それらを巻き上げずに自然と外に排出できるようにしています。人が呼吸する空間に巻き上げずに排出をすることができます。

熱交換素子を使用し、換気の際に捨てられてしまっていた室内の温かさや涼しさを再利用します。
冷暖房で快適な温度に保たれた室温を回収しながら空気を入れ替えるため、省エネしながら快適に過ごせます。
夏には温湿度の交換で、蒸し暑さを防止してお部屋はサラリとしたまま。エアコン温湿度調整が軽減でき、冬は温湿度の交換で過乾燥防止になります。

新発想の「新しい窓」 YKK APW330

新発想の「新しい窓」 YKK APW330

国内最高基準の断熱性で省エネ効果を発揮するハイレベルな新しい窓です。
樹脂と複層ガラスにより、高い断熱性を実現します。また、2タイプのガラスがあり、お部屋に合わせたガラス選びで、断熱と日射熱取得をコントロールします。
夏の熱気は樹脂窓により日射熱をブロック。外からの侵入も防いで住まいの快適をキープします。冬はガラスもフレーム冷たくならず、結露も防いでサラリとしています。
熱の出入りを抑えるため、夏も冬も何時も快適に過ごせます。
しかも、新技術により、フレーム強度を向上されており、スリム化も実現されました。

高気密で高断熱日本アクア発砲ウレタンの断熱材

高気密で高断熱日本アクア発砲ウレタンの断熱材

アクアフォームは無数の超微細気泡の中に多量の空気を含んでいるため、空気によって断熱します。
他の断熱材に比べて優れた断熱性能を発揮し、断熱性能が変わらりません。
冷暖房の効率をあげ、高効率の設備を利用し、さらに太陽光などの創エネを利用すると光熱費の大幅な節約につなげることができます。
従来の断熱材は現場の施工部分に合わせてカットし、貼っていくものが多く、施工精度によって細かい部分に隙間ができてしまうこともありましたが、 アクアフォームは現場で発砲して吹き付け施工する新しい断熱材です。細かい部分にも隙間なく充填でき、接着性も高いために安定した断熱効果を得られます。
また、シックハウスの原因となる素材が0で健康的です。揮発性有機化合物(VOC)を含む特定建材には指定されていません。

気密性と耐震性のある住宅

気密性と耐震性のある住宅

高気密で住宅の高断熱化により、省エネで快適に過ごせる家づくりをしています。建てて終わりではなく、そこから始まる生活がより楽しく快適であるように、ランニングコストを抑えて快適でいられる設計です。
住宅から排出されるエネルギーを抑えることで、地球温暖化やエネルギー問題にも貢献します。

地震への備えとして、耐震等級3の設計を標準にしており、消防署や警察署といった、防災の拠点となる建物の基準レベルまで高い耐震の設計をしています。
地震は本震から繰り返される余震からも家族を守らなければなりません。揺れを抑える機能を取り入れ、安心の暮らしをつくります。

気密検査を全棟実施

気密検査を全棟実施

気密性の高さを目で見て、体で感じられる住まいには見えない隙間が存在しています。
隙間が多ければ多いほど、外気が入り込み、温度は逃げてしまいます。室内温度を快適に保つために、気密性の高さは大きく影響します。
家にどのくらいの隙間があるかは、測定ができます。
専用の機械を使い、C値(相当隙間面積)として数値によって表されます。C値は数値が小さいほど隙間が少なく、気密性に優れていることを示しています。当社で建てる新築の住宅は全棟で機密検査を行っています。

抗菌の家

抗菌の家

24時間換気で快適かつ省エネに

光触媒2.0「イオニアミストPRO」を使用しています。新築を建てた方に無料で外壁・屋根・サッシ・内装などに全て吹き付けています。
吹きつけた部分が”空気清浄器”になる非常に高性能な光触媒です。
1度の吹きつけ施工で建物全体をコーティングすると、長期間に渡って抗菌・防臭・防汚・ウイルス除去・防カビなどの作用を発揮します。
5~7年間はアルコール消毒なく安心して住む事ができると言われています。施工後も通常通り清掃、消毒しても効果は消えません。

およそ可視光全般で反応が起こるので、従来の光触媒のように紫外線などの強い光は必要なく、室内灯など、実生活の空間で十分に作用が発揮されます。

住宅設備機器の補償

住宅設備機器の補償

住宅の新築・引渡し日から10年間、対象住宅設備機器のメーカー保証が終了した後でも継続して故障や不具合をメーカー保証とほぼ同等に保証するサービスです。
対象の機器が故障した際には、メーカー保証が終了しても、ほぼ同等の無償修理を回数無制限で受けることができます。
出張費用・技術料・部品代、すべてが無料です。1回の修理が100万円(税込)(保証上限金額)を超えない限りは何度でもご利用可能です。(経年による保証上限金額の低下はありません。)

お問い合わせ

ご相談・お⾒積りは無料ですので、まずは⼀度お気軽にご相談ください。

電話番号 お問い合わせ ライン ライン

よくある質問はこちら